自己PRを準備して転職を成功させよう!

看護師求人:良い印象を与える看護師転職での自己PR

気になる求人を見つけることができたとしても、面接に受からなければ採用してもらうことはできません。 そこで、成功するための自己PRの方法について考えてみましょう。

自己PRの基本は、自分を良く見せるということですよね。やはり、前の職場でうまくいかなかったからこの職場ではがんばりたいとPRをするよりも、前の職場での成功体験を紹介したうえでそれを活かしてがんばりたいと自己PRをしたほうが印象は良くなります。
夜勤専従看護師~看護師の様々な仕事の探し方~

ただ、成功した体験について話す際には、ただ「○○で成功をした」と話したとしても相手にはうまく伝わりません。成功させるためにはどのような努力をしたのか、何を思ってどう行動したのかをしっかり伝えることによって成功体験談が相手に伝わるようになります。

ここまでは多くの人が自己PRをしますが、更に良い印象を与えるために成功体験から学んだことについてもPRしましょう。その時たまたまうまくいった、行動することができたと思われるのを避けるためにも、体験をもとに今後どのように行動していくことができるようになったか考えるといいですね。

そして、それを新しい職場でどう活かすことができるのかも重要です。言ってしまえば、前の職場での体験談などは新しい職場とは関係がない話です。そこでの体験を新しい職場で活かすことができなければ、いくら前の職場で活躍していたとしても新しい職場の面接で良い印象を残すことはできませんよね。

転職を希望している病院がどのような人材を求めているのかを理解し、自分が病院側の理想に対してどう力を発揮していくことができるのかを具体的に説明することができれば、好印象を与えることができます。

ただ理想を並べても相手には響かないので、過去の体験をもとに話をするようにしましょう。 インターネット上にはたくさんの看護師関連の求人サイトがありますが、そこで紹介されている自己PRの例文を丸写しにすることだけは避けたほうがいいです。

面接担当はそういったところまでチェックしている可能性があるので、時間をかけて自己PRを考えてみてはどうでしょうか。